第2弾!資質アップ研修会



津金澤氏



 平成28年8月20日(土)、メートプラザホールで、佐賀県地域共生ステーション資質アップ研修会講演会が開催され、約100名の方が参加されました。
 ㈱オールプロジェクト代表の津金澤寛氏からの、「新しい福祉ビジョンその準備」と題した講演は、今後の介護保険の改正について、危機意識をもって準備することの重要性を説かれ、アンケートの結果からも、会場の皆さんに響いた内容のものでした。下記、アンケートの一部です。



画像の説明

・今後の介護の状況が少しわかりました。北欧も定期巡回をしていると聞いたこと
 があります。サービスの付加価値が大切。
・日本の介護の置かれている状況、世界との差など色々な点から教えていただき大
 変勉強になりました。
・小規模な事業所を一カ所のみ運営しております。今日の講演をお聴きして今後の
 運営に不安を感じました。また、早くから将来の方向を見定めながら、運営の方
 法についての取り組みを始めなければと強く思います。当市ではまだ地域ケアが
 はっきり示されていないことも不安の一つです。
・総合事業に対する不安がありましたが、介護保険に頼らない自己事業の開発を前
 向きに考えていこうという気持ちになりました。
・今後の事業のヒントが得られ、非常に良かったと思います。定期巡回訪問介護を
 キー事業と位置付けし事業を展開していけたらと思います。実際に事業展開をさ
 れている講師の方からのお話を聞けて、大変意義のもてる研修を企画して頂き、
 ありがとうございました。
・今後の参考にさせていただきます。
・津金澤先生の講演、非常に刺激を受けました。今後の事業展開に活かしていきた
 いと思います。
・本日の津金澤様のお話の中で、来年度の改正はすごく重要で、自分も事業展開を
 今まで以上に複合サービス等を行って、今後の介護の時代に少しでも貢献できる
 ように考えていきます。
・今回の研修は大変参考になりました。今後の介護保険制度の動向やサービスの展
 開など具体的な説明をしていただきありがとうございました。介護現場は益々厳
 しくなると思われますが、研修内容を参考にしていきたいと思います。
・詰まりいく介護事業に光を投じて頂き、ありがとうございました。
・人材、資金不足の折、新しい事業をどのように展開していけば良いのか。益々不
 安と、見いだせない現状に改めて考えさせられました。
・定期巡回随時対応型訪問介護看護は魅力的です。地域は屋根のない特養という言
 葉も印象に残った。介護の問題は厚労省ではなく財務省の問題という話は目から
 ウロコでした。